堺市長 竹山おさみの現場主義ブログ

新年あけましておめでとうございます。

2017年1月5日

あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたことと、心からお慶び申し上げます。

市長2期目の就任以来、4度目の正月を迎えました。今年も「市民目線・現場主義」を貫き、市民の皆様の声をしっかり受け止め、ふるさと堺の一層の発展に向け、全力で取り組んでまいります。

特に、「子育てのまち堺」として、安心して子育てができるよう、他市に先駆けた子ども医療費助成の大幅な拡充や、妊婦健康診査の負担軽減額の拡充などを実施してきました。今後も、未来の発展を支える大切な力を育めるよう、子育て支援の充実や教育環境の整備などに取り組んでまいります。

堺の玄関口となる中心市街地につきましては、芸術・文化の殿堂となる堺市民芸術文化ホールや市民の交流・憩いの場となる市民交流広場の整備などを進めることで、人々が行き交い集う、楽しい空間を創出していきます。

まちびらきから50周年を迎える泉北ニュータウンでは、屋内・屋外プールを含めた原山公園の再整備や近畿大学と同大学附属病院の移転を契機として、更なる地域の活性化に取り組み、「住んで」、「遊んで」、「学んで」、「働いて」よしの「四方よし」のまちをめざします。

また、市民の皆様の安全・安心を確保するため、災害時の総合防災拠点となる総合防災センターの整備や、中区での警察署の早期設置などに取り組んでまいります。

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録につきましては、今年こそ国内推薦を獲得できるよう、大阪府、羽曳野・藤井寺市と一体となって、取り組みを推進します。

結びにあたり、本年が皆様にとりまして、幸多き素晴らしい年となりますよう祈念いたしまして、年頭のご挨拶といたします。

 

堺市長 竹山修身

 

<1月5日(木) 母校柔道部の寒稽古に参加しました。>

 

 

 

 

 

 


現場主義ブログの最新記事